FC2ブログ

西林の風

特別養護老人ホームゆかり八街西林のブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔の花、満開。

早いもので
3月もあと3日となりました。

1月は「行く」2月は「逃げる」3月は「去る」
とはよく言ったもので
本当にこの3ヶ月はあっという間に
過ぎ去っていきます。

isi 007

施設の桜は
2~3分咲き、といったところでしょうか。
交進小学校の入学式の頃には
満開に咲き誇ることでしょう♪

今日は、いちご狩りドライブや
施設前庭、農園への散歩で
ご入居者の笑顔や笑い声が溢れる
穏やかな一日でした(^^)

スポンサーサイト

寿司祭り!

一昨日
B級グルメ大会があったばかりですが
今日も“食のイベント”が開催されました。

「寿司祭り」でございます。

給食委託業者の富士産業さんが
年に数回イベント食を提供してくれますが
その記念すべき第1回でございます。

isi 012

暖簾や提灯で雰囲気を出し
“寿司職人”が皆さんの目の前で
握ってくれました。

isi 013

ネタは
マグロ・サーモン・玉子・お稲荷さんで
合計8貫。

あわよくば
「あまったらいただいてしまおう」
なんて、企んでいたのですが・・・(笑)

isi 024

皆さん「美味しい、美味しい」と
ペロリと平らげ・・・
一つも残らず・・・・・・

さすが、寿司っ!

まぁ、皆さんの嬉しそうな顔が
見られただけでも、良いとしましょう(^^)

食べたかったなぁ~~~~(笑)

春に誘われ・・・

環境整備スタッフ・チエコさんが
持ってきてくれたミニスイセンを
入居者の「アツさん」が植えてくれました。

isi 009
こういう仕事が大好きということです。
ありがたいなぁ~~(^^)

isi 001
花を植える、と聞いて
外へ出て来られた入居者さんたち。

isi 003
その人数は徐々に増え
誘われたかのように
ホソダOT(作業療法士)が
ギター片手に参上っ!

皆さんで、さわやかな青空の下
春の歌を合唱しましたよぉ~(*^^*)

ユニット対抗B級グルメ大会!!

今日は
「第1回ユニット対抗B級グルメ大会」を
開催しました~~!!

普段の食事は
もちろん厨房のスタッフが作ってくれますが
今日ばかりは、ケアスタッフが提案したメニューを
協力ユニット(隣り合っているユニット)スタッフが
力を合わせて作り上げます。

テーマは「ご飯に合うおかず」です。

isi 041
ひのき通り・けやき通りチームは
「ギョーザ」

isi 043
さくら通り・しらかし通りチームは
「肉団子」

isi 036
すぎの木通り・なしの木通りチームは
「焼き鳥」

isi 038
らっかせい通り・かたくり通りチームは
「カレー」

isi 044
ひまわり通り・きんもくせい通りチームは
「いとこ煮」です。

isi 137
このように盛り付けをし
いざ!食事タイム!

isi 103
いつもは各ユニットで食事をしますが
今日は皆さんでワイワイガヤガヤ・・・


そして
どれがいちばん美味しかったかを
ご入居者の皆さんに投票していただき・・・

その結果は!!!

isi 156

カレーの勝利でした(^^)/

isi 157
らっかせい通りとかたくり通りには
豪華な優勝カップ!
(ダ○ソーで買ったとは思えない・笑)

isi 131

5ユニット分のレシピ作りから買い出し
そして、食後のデザート「芋ようかん」を
手作りしてくれた、管理栄養士の“まお“さん
本当にお疲れさまでした~!

3年後を約束♪

春ですねぇ(*^^*)

2~3日前から、日中はポカポカ陽気で
入居者さんたちの敷地内の散歩を
よく見かけるようになりました。

今朝は、らっかせい通りの皆さんが
畑の一角に「テッポウユリ」の種を
植えてくれました。

isi 011

今蒔けば、この夏くらいに咲いて・・・
なんて思っていましたが
「咲くのは3年後だよ」
とのこと(笑)。

3年後、同じメンバーで
見事なテッポウユリが咲くのを
必ず見ましょうっ!
と、固く約束しました(^^)


東北魂。

1万8千人あまりの尊い生命が失われて
5年。


昨日、NHKスペシャル「風の電話」を見ました。

岩手県大槌町にある
電話線の繋がっていない「電話ボックス」。

“残された”家族や知人が
返事のない相手に向かって
静かに語りかけている姿を見て
とにかく涙が溢れました。

声をあげて泣いてしまいました・・・。


お亡くなりになられた方・・・
無念でしたでしょう。


残された家族は
「助けてあげられなかった」という思いで
5年間懸命に暮らし続けてきたんですよね。

17万人もの方が
住み慣れた地域を離れ
未だに避難生活を強いられています。

復興・・・

都市型災害ではないし
土地のかさ上げなどの特殊な事情を差し引いても
スピードが遅すぎやしませんか?


「ゆかり八街西林」にも
旭市で自宅を津波に流された方や
福島県いわき市から避難してきた方が
ご入居者として、いらっしゃいます。

午後2時46分
18000あまりの魂に向けて
黙祷を捧げました。

5年は「節目」でも何でもありません。
節目なんか、ないんです。


朝礼の時に
スタッフに向けて伝えました。

生き続けたかったのに生きられなかった人がいる
働き続けたかったのにできなかった人がいる

ほんの一瞬でもよいから
せめて今日は、そんな気持ちで働いてほしい、と。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。